名刺の大切さについて

名刺があれば相手から信頼、信用を高い確率で得る事が可能です。もしそれがなければ相手に対してどんなに素晴らしい提案を行っても相手から信頼、信用はされず大きなビジネスチャンスを逃してしまう危険性があります。
名刺は単に渡せば良いものではないです。渡し方や受け取り方でミスがあると相手の心証を悪くする恐れがあります。相手に不快な思いをさせない渡し方や受け取り方を最初に学んでおいた方が安全です。
名刺には多くの個人情報が明記されています。そのため、丁寧に管理をしなければ容易に外部に相手の大切な個人情報がもれてしまう危険性があります。受け取った後はしっかりと保管し、個人情報の漏えい等の問題が起きないように注意する事が大切です。
名刺は重要なビジネスツールです。そのため、役職や部署等に変更があった時や在庫がなくなった時は早急に対応した方が良いです。早めに行動すればビジネスの現場で困った状況に直面する事が少ないからです。
これは単なる紙切れではないです。相手から信頼や信用を得るための大切な道具です。うまく管理する事が出来なければ社会的な信用を失う危険性があります。個人の事を短時間で知る事が出来る大切なものです。

名刺に印刷したいネット関連の情報

ネット関連の情報 いわゆる大企業に所属していれば、名刺の作成や印刷は専門の部署にお願い出来ます。雑務を担当する部署が面倒な仕事を代行してくれますので、営業職の方や海外での事業を請け負う方々は完成した名刺を受け取るだけでOKです。
一方で脱サラした方、元々個人事業主の方、更には社から配布されない方は個人的に印刷しなければいけません。
お仕事に関係なく、もはや名刺はもっていて当然という時代になりました。所属している組織、部署の名前、役職、企業の名前などを明記した名刺をもっていれば、人脈作りがいっそう捗ります。
地元の商店街の会合、業界団体のイベント、全く職種の違う人々が集うパーティ等、配布する事でマーケティング活動にには一定以上の成果が出る事でしょう。
住所や電話番号、FAX番号などは必要最低限の情報です。それらを印刷する事は言わば常識であり、それだけではPR力が不足するかもしれませんので、ブログやホームページ、TwitterやFacebookのアカウントを持っている方はそういった情報も印刷しましょう。
文字が多少小さくなったとしても、最近のプリンタは技術力がありますので、テキストが潰れて視認不可になる事は、まずありません。

check

2016/6/1 更新